いふいふほぼほぼもしもし

低燃費オタクの脳内です

関ジャニ∞への感謝が無限大な話

どうも、あのとき救ってもらったたぬきです。

 

と、挨拶できるくらい関ジャニ∞に救われ続けている私です。

 

広く言えばジャニーズに救われて生きているのですが、特に思春期を救ってくれたのが関ジャニ∞なので、とても強い思い入れがあります。

 

 

中学生とか高校のの時って、物凄く鬱な気分になりませんでしたか?

 

私は、まあまあ病んでました。

正直な話、小学校5・6年〜高校生はがっつりシッカリ病んでました。リスカはないけど違う方法の自傷に近いものは今思えばあったし。

気持ちのアップダウンが激しくて、自分が嫌いで、夜になれば頻繁に泣いて、消えたい、消えたい、死にたい、死ねない…を毎日考えてはつらくて。

私じゃない世界の誰かに命が飛んでいけばいいなんて思っている時期もありました。

 

心が喧嘩するというか、何かにぶつかって、勝たなきゃと立ち上がり、だけどまた落ち込んで…毎日がその繰り返し。

今思えば何にそんなにつらかったのかわからないけど、いっぱいいっぱいだったんだろうなあと思います。

もう私の心に、これ以上のものを抱えきれないよ、と。

どうしてこんなにも未熟な心と身体に負荷をかけるんだ!と。

今もそんな感じで悩んでる中学生とか高校生、いるのかな。

 

ただ、いつでも私にはジャニーズの楽曲があって、2006年には関ジャニ∞と出会いました。

 

あれはそう、10年以上前のこんな雨(じゃない)の夜(でもない)

 

FTOというアルバムを買いました。

関ジャニ∞初のフルアルバム。

購入理由は「聞きたい曲が全部入ってるから」

 

学生の時ってCDがほしくてもシングルはなかなか買えなくて。3枚我慢して、シングル曲3枚分が入ったアルバムを心待ちにして、ドキドキしながら買ったことを今でも思い出します。

 

お目当の曲は大阪レイニーブルース好きやねん、大阪。だったわけですが…一曲目から度肝を抜かれました。

 

F ファンキー

Tタウン

Oオオサカ

 

もう…好きになるしかないですよね…だってもう…発想が斜め上すぎて…

で、聞いていくと4曲目に応援系名曲が現れるわけです。

 

【太陽の子供】

「がんばって元気出せよ」からはじまり、こころがポカポカとするメロディ、そして歌詞。

「いつだって君の味方だよ」と投げかけ、「誰だって太陽の子供」とそっと包んでくれる。

正直、未だにふとした時に聴いてグッときます。当たり前のことをさわやかに歌うって、とても難しいし、わかりやすくこころに届きやすい曲にすることって難しいことだな〜と。だけど成し遂げている。うーん素晴らしい。

 

これ以外にも応援ソング祭りなFTOは気合を入れる時にピッタリな1枚として未だに聴いています。シュッとしていながらも、あたたかくて優しいアルバムです。

 

そんなわけで私は関ジャニ∞の楽曲に救われ続けていきます。

私の中の応援ソングスタメンは以下の通り。

 

・ドリブラ(当時の本人たちの野心を降臨させる)

・ヨリミチ(受験のときずっと聴いてた)

・道標(キャパオーバーな時に救われる)

愛に向かって(泣きたい時はこれ)

・ゴリゴリ(悔しい時にピッタリ)

・ワッハッハー(悲しみを乗り越えたいとき)

・LIFE(突っ走りたいとき)

・オモイダマ(背中を押してもらいたいとき)

・がむしゃら行進曲(拳あげたいとき)

 

書いてるうちに涙ぐんでくるくらい、周囲から前向きだと評される私の人格形成に大きな関わりを持ち、欠かせない、そして前向きであり続けるために必要な楽曲です。

 

 

14日からドーム公演に参加しておりますが、

毎度毎度、沢山のありがとうを言う彼らに言いたい。

本当に、ありがとうを伝えたいのはこっちの方です。

いつもありがとうございます。

これからも、応援させてください。

支えられたぶん、微力でも小さな力のひとつでありたい。

 

あーーーーーー好き!

 

皮膚のばかやろー

あまり綺麗じゃないので披露はしませんが、私はずっと「手湿疹」というもので悩んでおります。元気いっぱい悩んでおります。

なんだか悩みすぎて消えたくなってきたのでブログ書いて成仏させます。早くよくなれ!

 

特に痛くなくても、手が痛そうって言われたりとか

「そんなことでかぶれるの?」ってことで被れたりとか

大根おろしだけで手がめっちゃ痒くなったりするんですよやばくないですか

スーパーの袋持ってるだけでかゆみ悪化したりするんですよやばくないですか

 

病院に通ったりもしたんですけど手袋しながら生活なんてやっぱりできなくて、朝晩塗ってと言われても全然塗れなくて

何より通おうと思ったところが時間かかりすぎて「もう行きたくないな」と思うところで。

 

もう全部、全部しんどいって思ってしまっているんです。

それでも治したいから、またきちんとやろうと思っているんですけどね!

 

頑張ろう。なんかいろいろ弱音言いたい時ってありますよね。あるある。

GACHIを観ましょう(推奨)

みなさまがふぉーゆ〜兄さんを存じていると仮定してこのブログを書きます。

 

GACHIを通してふぉーゆ〜の凄まじさを感じていだだきたい!

 

フォ(ふぉーゆ〜の略)のみなさんを最初に生で見たのは、青劇がなくなる頃のプレゾンでした。

もう、それから何年・・・?って感じですが、やはりフォはすごい。フォ兄さんすごい。語彙力ないけどすごいんです。

 

何がすごいって

1・ファンが述べるいいところが「全部」しか出てこない

2・ファンのみなさんが素直

3・ファンのみなさまは観劇している人間だけではなく、演者さんやら誰から構わずなこと

4・ていうかダンス

5・ていうかスタイル

6・ていうか顔

7・ていうかキャラ

 

どれを取っても!とんでもない!!!!!!すごいぞフォ!

何よりも唯一(十分すぎるスキルではありますがなんとも形容しがたい)歌唱力を自ら「歌が・・・」って劇中で表現してしまうその潔さ。

 

日本よ、これがジャニーズだ・・・

 

中身のことはネタバレになるのであまり内容には触れませんが、

これだけは言わせて欲しい。

 

ぶっ飛んでるザキさん(急に黙ってめちゃくちゃかっこいいダンスはじめるの本当に最高)、ザキさんよりもぶっ飛んでる福ちゃん(女に困らなさそうな爆モテフェイス&オーラ)、王子様オーラ出し過ぎコッシー(キャラブレ一切なし)、器用オブ器用辰巳くん(脳裏にチラつく屋良っち)

 

ぜひ!生で!みてください!!!!!!!

クリエでやってます!まだまだ連休だよ〜って方も、お仕事だ〜って方も、ジャニオタの本気出してぜひチケット確保してフォ兄さんがなぜ人気者なのかを、感じていただきたいです!

 

ちなみに舞台はめちゃくちゃ「いえーい!」とか言えちゃう応援上映的な楽しい空間なので、「声出したりてないな・・・でも団扇現場は怖いな・・・」という方にぜひお勧めです。楽しいよ!ガチで!

元担への気持ちが落ち着いた話

とても好きなJr.がいました。

ずいぶん前に辞めて、新しい人生を歩きはじめたのです。

 

正直、つい最近までバリバリ好きでSNSが更新される度かっこいい!好き!!!!って気持ちが強かったです。

 

でも、最近見た写真に何の感情もわかず、気づいたら様々なフォローを外している自分がいました。

 

突然の心境の変化。

女心と秋の空ってやつでしょうか。

 

何様なんだよと思うけれど、心のどこかで「私が応援しなきゃ」なんて思ってました。

 

アイドルをしていた頃はファンが比較的少なく、辞めてから「結構好きだったのに〜!」と言う方々に対して「じゃあもっと早くその気持ちをどうしてアイドルしていた頃に出してくれなかったの?」とか恨んでもどうしようもないことにイライラしていました、正直。

「ファンが多かったら辞めてなかったかもしれない」なんてことも考えていました。そして泣いてました。つい最近まで。

 

ももう応援する義務(元々ないけど)はないし、あの人ならきっと自分の歩みたい道を切り開いて行く。懸命に進む。…と思えるようになりました。

 

わたしはあの人のおかげで得たことばかりです。本当に感謝しているし、アイドルとして活躍してくれたこと、アイドル時代を応援できたことを誇りに思います。

嫌いになったわけではなく、ようやく気持ちの整理ができました。心のモヤモヤがスッと晴れました。

 

2年かかりましたが、今は心から「おめでとう」「ありがとう」「がんばれ」と言えます。

 

好きでした!さようなら!

 

滝沢秀明さんの破壊力

魔女の条件を今更ながら見返しています。

 

見ながら口から出る言葉は次の通りです。

「つらい」

「わかる」

 

女心をハッとさせる表情。(1話からかっ飛ばしてる)

無邪気に笑ったり、語尾が「だぜ」だったり、本当に滝沢さん以外の男性だったら1mmもキュンと来ない!わかっているのに!顔面はやはり嘘をつきません。

ビューティフルイズジャスティス。

 

ちなみに松嶋菜々子さん(以下、菜々子)も美しいこと麗しいこと・・・

なんとなくだけど、石原さとみさんに似てる気がする!きゃわ。

 

まだラストまで見ていないけど、とりあえずPとJK観に行けなさそうなこの年の差恋愛もの観たい欲はなんとかなりそうです。

とか言ってPとJKも観に行くと思うんですけど。

 

とりあえず魔女がこのドラマに一瞬も出てこないし、美魔女もしくは美女だけだし、たとえ魔女呼ばわりされるとわかっていても、あんなにも美しい男子高校生を愛さない女性なんてこの世に存在するわけないのでTBS再放送よろで〜す

 

 

魔女の条件 BOXセット [DVD]

魔女の条件 BOXセット [DVD]

 

 

 

とりとめもないこと

ふと思うことがあります。

 

今はまったくわからないくせに、数年後自然とわかるようになっていること。

 

大学時代までまったくわからなかったことが会社入って、今になってようやくこういうことなのかなあ、ってなんとなくわかったり理解しやすくなってることがあります。

 

例えば真面目な新聞記事もそうだし、勉強の中身もそう。でも今となってはあまり関わりもないので、まあそっとしておきます。

 

アイドルの言動や楽曲も同じで、憧れを抱いていたお兄さんのような人たちと同じ年齢になる度に「あのときこういうことを言いたかったんだなあ」ってしんみりするようになりました。

 

音程のひとつとっても、歌詞の作られ方も、

その時の彼らに合わせて作られているな〜〜〜と

 

そしてまた、ふと思います。

あの時の彼らと今の私の人生は同じように濃縮されているのだろうか。

 

たとえば24歳のわたしがミニアルバム発売するぞ!売るぞ!みたいながっつきがあるのかなーとか城ホールでライブして、困難を乗り越えることことができるのか、とか。

 

決して交わることのない人生だけど社会人のお手本にしています、ひっそりと。

 

 

 

イライラのとき

数日前に書いて、そのままになってました。

記事成仏。

 

--------------

いま絶賛イライラしているので思い切ってイライラしてするキッカケを並べようと思います。

 

 

1・おんなのこのひ。

くるもの全て張り倒したい。人との会話も人の行動もすべて「うるせーーー!」って心の中でちゃぶ台ひっくり返し続ける。死ねとはまた違う苛立ち。触るものみな傷つけるので話しかけないで欲しいし干渉してほしくないし落ち着けとかも言われたくない。落ち着けたら落ち着いてる。イライラに効くツボとか深呼吸とかしてもそれでもイライラするし落ち着かない。

 

2・電車内にて

・ぎゅうぎゅうなのに後一歩踏み込まない

・満員電車の中で彼女を守ることに必死で周囲の人間を犠牲にする優しい彼氏()

・絶対に携帯いじり続ける

・満員電車でひっぱりハンティングしてる

 

3・ライブ会場にて

 

----------------- 

ここで終わってました。

わたしのイライラしすぎですね。

ちなみにライブ会場で直接注意するタイプです。わたし、嫌なやつです。